なぜ!?いまなのか!細胞バンク

再生医療の将来性が期待されています。

自分の細胞を使って病気やケガを治せる医療技術が実現すると、我々の生活はさらに便利になると考えられます。

また現在では治療の難しい難病やケガなどに対して、再生治療できると指摘されているため、近い将来期待できる医療技術として注目されています。

そんな再生医療へ向けて細胞バンクシステムを利用する方が増加中です

自分の体細胞または幹細胞を保存するサービスは、医療機関を中心に運営が始まっており、将来の再生医療を受けるために欠かせないものです。

まだ実現していない再生医療のために、自分の細胞を保管する必要があるのでしょうか。

その質問に対する答えは「はい」になります。

人は生物であり身体の状態に応じて細胞の質が変化するため、再生医療の前に行う細胞培養や治療に影響すると考えられていて、健康であり若いほどよいと考えられています。

そのため、思い立ったときに細胞バンクを利用するのが最も良いと言えるでしょう。

大阪のそばじまクリニックは、幹細胞を専門とする細胞バンクを運営しており、将来の再生医療に備えて準備のできる医療施設として知られています。

保存施設は-150度の環境下を確保していて、細胞の劣化を防ぎながら長期間保存できます。

もちろん幹細胞も若くて健康であるほど再生医療をする際に良いと考えられているので、将来に備えたい方は今から準備しておくと良いでしょう。

自分の脂肪から幹細胞を採取しますが、お腹や太ももの脂肪を吸引するため負担は少なくなっています。

再生医療の準備を始めるタイミングは、まさに今です。